つまらなかったなぁ…

05. 4月 2016 英語表現 0
つまらなかったなぁ…
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は「つまらなかったなぁ…」です。

日常色んな場面で「つまらなかった、退屈だった」と感じることはよくあると思います。映画、スポーツの試合、学校の講義、ミーティング…などなど。そんな状況で使えるフレーズです。

それでは見ていきましょう!

【Advertisement】

【解説】 

It was boring.

この「boring」は「退屈な、うんざりする」といった意味になります。

これで「つまらなかった」を表現出来ます。何かつまらなかった事の後ならいつでも使えます。

 

It」を特定の名前、物事、状況に置き換えてもOKです。

The game was boring.
(あの試合はつまらなかった)

I think the movie was boring.
(僕的には、あの映画はつまらなかったな)

His presentation was boring.
(彼のプレゼンはつまらなかったね…)

 

上記の例は「was」を使っているので過去の出来事のお話です。

逆に、今現在「つまらない・退屈だ」状況を表現したい場合は、

It is boring.
(つまらないね…)

と「is」に変えればOKです。

 

他にも似た表現で、

I am bored.
(退屈だな・つまらないな)

と 「boring」の代わりに「bored」を使って表現することも出来ますが、よくある間違いで

I am boring.

と言ってしまう人がいます。でもこれだと「私はつまらない人です」というとても自虐的になってしまうので間違えないでくださいね。(まぁ時にはそう言いたい時もあるかもしれませんが…笑)

対象となるのが…

  • 物事・状況や人物の場合は「boring
  • 自分自身の感情の場合は「bored

です。

 

【補足】

「つまらなかった」時の表現を紹介してきましたが、「まぁまぁだった」、「そこそこだった」と表現したい場合は

It was OK.

It was all right.

Not (too) bad.

 

「良かった」「最高だった」と表現したい場合は

It was good.

It was great.

It was amazing.

It was awesome.

なんて風に言えますね。一緒に覚えておくと良いでしょう!

 

【発音】

It was boring.
「イッ(ト)  ワズ ボーリング」

boringの発音は「ボーリング」と書きましたが、カタカナ発音とは違うので以下のリンクで確認してみてください!

「boring」の発音はこちらで確認ください!

また、スポーツのボーリング(Bowling)の発音と一緒になりがちなので注意してくださいね。

「bowling」の発音はこちらで確認ください!

onsei

 

 

【最後に】

それでは今日から「つまらなかった・退屈だった」状況があったら、今回のフレーズを使って表現してみてください。心の中で思い浮かべたり、独り言でも良いので言ってみると自然に覚えるでしょう。是非使いこなして下さい!

それでは!

【Advertisement】
Pocket