どうだった?

13. 10月 2015 英語表現 0
どうだった?
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「どうだった?」です。

何かの感想を聞く場合に、よく使われるこのフレーズ。新しいレストラン、映画、学校、仕事などなど…。
それでは、見ていきましょう。

【Advertisement】

 

【解説】

How was it?

とても簡単なこの1フレーズでOKです。

「I went to the new mall yesterday」(昨日、あの新しいショッピングモール行ったよ〜)

「How was it? 」(どうだった?)

簡単ですね。

 

さらに「it」を他の単語に変えれば、もう少し特定の事を尋ねることが出来ます。

例えば…

「How was your day?」(今日はどうだった?)

「How was work ?」(仕事どうだった?)

「How was the new restaurant? 」(あの新しいレストランどうだった?)

「How was last night ?」(昨夜はどうだった?)

などなど。既にその話題が出ている場合は「it」を使えば良くて、
新しい話題をふる場合は、それぞれの名前を言ってあげればよいでしょう。
いきなり「How was it?」と尋ねても、
「how was it what ?」(how was it って何が?)…って返ってくるでしょう…笑

 

また似た表現に以下の様なフレーズもあります。

How did it go?

これも日本語で言うと「どうだった?」の意味になるのですが、少しニュアンスが違います。
直訳的に言うと「それは、どう行った?」と感じで、

  • 「どうなった?」
  • 「どう進んだ?」

というような、その後の進展を尋ねる場合に使えます。

  • 試験を受けた友人に…
  • 大事なプレゼンを終えた同僚に…
  • 親友が好きな子に告白した後に…

などなど。これも「it」を特定のものに変えて言ってもOKです。但しこのフレーズはやはりその後の進展を聞くものなので「How did your day go?」なんかはちょっと不自然ですね。なんとか意味は伝わるでしょうが…

またこの「How did it go?」、WhatsAppやLineなんかのテキストメッセージでは

「how’d it go ?」

と書かれる場合があります。この「’d」はwouldの省略ではなくdidの省略です。
よく「’d」はwouldの省略と思っている人も多いですが、didの省略の場合もたまにあります
例えば…「Where’d u go? (Where did you go ?)」(どこ行ったの?)とか。(uyouの省略です)
※英語的に正式な省略形ではない?…かもしれませんが、普通によく使われますので、知識として覚えておくと良いでしょう。

 

【発音】

(解説不要でしょうね…)

How was it?
「ハウ ワズィッ(ト)」

How did it go?
「ハウ ディディッ(ト) ゴー?」

すごく簡単なフレーズなので、沢山練習して口に覚えこませちゃいましょう。

 

【最後に】

何かの感想を聞くときに、使える今回のフレーズ。これを使って、いろいろ感想を聞いて見ましょう。逆に誰かに聞かれる事も、よくあると思うので、自分の感想を教えてあげましょう。

それでは!

【Advertisement】
Pocket