だよね、やっぱそう思ったよ!

21. 9月 2015 英語表現 0
だよね、やっぱそう思ったよ!
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「だよね、やっぱそう思ったよ」です。

 幾つか言い方がありますが、簡単な3つを紹介します。

それでは見ていきましょう!

【Advertisement】

 

【解説】

①「I thought so」

きっと一番に思いつきそうなのが、この表現。これが言えれば十分です。

  • 私もそう思っていた
  • そうだろうなと思った
  • 考えていた

…といったニュアンスです。

 

②「I figured」

これもよく使われる表現ですね。 基本的に意味として、①「I thought so」と違いはありませんが

  • 私が思ってい通りだ
  • 私が判断した通りだ

と自分で考えて答えを出した結果と同じだ…というようなイメージです。

 

③ 「I knew it」

これも同じく、やっぱりねという意味合いですが、少しだけ毛色が違います。

  • それを知っていた
  • 情報として既に持っていた

といったニュアンスです。

先日、同僚が「実は彼女ができたんだよね〜」と話していて

自称情報通の別の同僚が

「I knew it !!  I knew it !!」(俺は知ってたよ!!俺は知ってたよ!!)

と自慢気に連呼して情報通ぶっていました笑

あと「I knew it」は言い方によって、「言われなくても、それくらい知ってたわ!!」ちょっと嫌味にもなる場合もあります。

 

【発音】

①I thought so 
「アイ ソート ソー」

ソートと書きましたが、thの発音なので、日本語の「そ」ではありません。

→「thought」の発音はこちらリンクから確認ください。

onsei
※リンク先はnounのthoughtですが、発音は同じなので特に気にせずに。

 

② I figured
「アイ フィギュアー(ド)」

→「figured」の発音はこちらリンクから確認ください。

onsei
※リンク先はadjectiveのfiguredですが、発音は同じなので特に気にせずに。

 

③ I knew it
「アイ ニュー イッ(ト)」

 

 

【最後に】

相手の言ったことに対して「だよね、やっぱそう思ったよ」 という今回の表現。日常で出てくる場面は沢山あると思います。 是非使いこなしてください!

それでは!

【Advertisement】
Pocket