日本人が使わない「言う・言った」の表現。

17. 12月 2015 英語表現 0
日本人が使わない「言う・言った」の表現。
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「日本人が使わない「言う・言った」の表現。」です。

皆さん、「言う」といえばどんな表現を思い出しますか?SayやTellが思いつくでしょう。普通はこの言い方でOKです。これが一般的に使われている表現です。でも今回は、ネイティブがよく使い、日本人が使わない「言う」の表現を紹介したいと思います。
それでは、みていきましょう!

 

【Advertisement】

【解説】

アメリカ人(特に若い人)が使う「言う」の表現。それは…

「go」

「go」といえば「行く」じゃないの?と思うかと思いますが、「言う」という意味でも多々使われます。

使い方は簡単です。単純に、「say」を「go」に入れ替えるだけなので、例えるまでもありませんが…

  • She goes she went to Japan a week ago!」
  • 「Guess what?! He goes he liked me!!!!」

なんでもOKです。特に第三者の「He / She」が主語の場合に使われる事が多く、「I go…」や「You go…」はあまり聞かない気がします。

※Guess whatの意味は別途解説していますので、良かったらこちらの記事をどうぞ↓

Guess whatって何?

 

気がついた方もいるかもしれませんが、この場合、何故か現在でも過去でも「go」です。

先ほどの例で言えば…

  • She goes she went to Japan a week ago!」
  • She said she went to Japan a week ago!」

どっちも同じ意味です。不思議ですね。

 

特に若い女の子の会話の中では、ほんとに良く出てきます。日常で「say」とか使ってないんじゃないか…って思うくらいに…笑。

僕の妻も若干興奮気味な時はよく使います。「and then he goes, he goes…」みたいな感じで。

 

【最後に】

今回の表現、若者のカジュアルな表現なのでビジネスの場には向かないと思いますのでご注意を!
使いこなす必要はないですが、「あ、今のgoはsayの意味の方か…」ってわかりますので、覚えておいて損はないと思います!

それでは!

【Advertisement】
Pocket