どこかで聞いたことがある。

08. 2月 2016 英語表現 0
どこかで聞いたことがある。
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は「どこかで聞いたことがある。」です。

 

どこで聞いたか忘れちゃったけど、それ聞いたことある!…歳を取ると余計に思い出せなくなるものです…(泣)。きっとお若い皆さんでも、そんな事は多々あるでしょう。今回はそんな時に使えるフレーズを紹介したいと思います。

それでは、見ていきましょう!

 

【Advertisement】

【解説】

(That) sounds familiar.

直訳的に言うと「それは馴染みがあるように聞こえる」ですが、これで「あ〜なんか聞いたことあるなぁ」という表現になります。

That」は付けても付けなくてもOKです。

使い方は、単純にこのフレーズを言えば良いだけなので説明不要でしょうが…

Do you know Lebrun James?

(レブロン・ジェームスって知ってる?)

…That sounds familiar.. oh yeah That’s my friend’s husband!

(ん〜なんか聞いたことあるな、あ〜友達の旦那だよ)

そんな身近にレブロンがいるなんて羨ましい笑。

 

他にも

I think I (have) heard that from someone or somewhere before.

(前にどこか・誰かから聞いた気がするな)

I can’t remember where I heard that but I know.

(どこで聞いたか思い出せないけど知ってるよ)

なんて表現も出来て、もちろん意味は伝わりますが、「That sounds familiar.」の方が自然でよく使われますし、シンプルで覚えやすいと思います。

 

またidiom的な表現として「ring a bell」という面白い表現方法もあります。

I’ve never met Eric Raymond, but his name rings a bell.

(エリック・レイモンドにはあったことないけど、彼の名前聞いたことあるなぁ)

「ベルが鳴る」というのは、日本人なら馴染みのある「電球が光って何か思いつく」イメージに近いのではないでしょうか。(少し古いか…笑)

※idiomとは…「二、三の語が結びついて、原義とは幾分違った特殊な意味を持つ、習慣的な言いまわし。慣用語。成句。」

 

【発音】

That sounds familiar
「ダッ(ツ) サウンズ ファミリァ」

簡単ですね。「familiar」は正確には「ファミリァ」とは少し違うので念のためリンクを貼っておきます。

→こちらのリンク先から、ご確認ください。
onsei

 

 

【余談】

フィリピンの番組でこんな番組を見つけました。タイトルは「Your Face Sounds Familiar」そっくりさん番組みたいな、モノマネ番組みたいな感じでしょうか。それにしてもフィリピンは英語とタガログ語が入り交ざって面白いですね。日本もこれくらいなれば…ないでしょうけど。

 

【最後に】

「それなんか聞いたことある!」という場面はよく遭遇すると思います。そんな時の為に、今回のフレーズを覚えて是非使ってみてください!

それでは!

【Advertisement】
Pocket