使い方分かってる? What’s upの2つの使い方

08. 10月 2015 英語表現 0
使い方分かってる? What’s upの2つの使い方
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「What’s upの2つの使い方」です。

とてもカジュアルなあいさつフレーズです。皆さんも、聞いたことあるだろうと思います。大きく分けると2つの使い方がありますので、解説してみたいと思います。
それでは、見ていきましょう。

【Advertisement】

 

【解説】

使い方①

文頭でもお話したように、「カジュアルなあいさつ」で使われます。
言葉の意味ですが、正直言って…深い意味はありません。これはもう決まり文句のようなものです。敢えて役をつけるとしたら

  • 元気?
  • お疲れ〜!
  • うぃ〜っす

みたいな感じでしょうか。HeyとはHiくらいに、誰かと会った時に何の気なしかける言葉です。

答え方がわからない…という方もいますが、変に難しく考える必要はないです。インターネットでどう返事をするかを調べれば、”無難”なものは出てくるでしょう。(I’m fineとはNot muchとか…)それを紹介してもしょうがないので、もう少しリアルな会話を紹介します。

例えば

相手「What’s up man?」

自分「Hey, ◯◯! How are you doing?」

すごく厳密にいうと自分も相手も「What’s up」「How are you doing?」という相手の様子を伺う・状態を尋ねる質問に対して、何も答えを返していません。

別の例を出すと、

相手「What’s up?」

自分「hey,What’s up?」

ただ同じ事を返すだけでも良いです。How are you などもそうですが、実際にはそのまま返す場合が多いです。律儀に自分の状態を伝える必要はありません。ほんとにただのあいさつ言葉です。困ったら、そのまま返してやりましょう。

略して「sup」とだけいう人も多いですね。特にLineやWhatsAppのようなメッセージアプリで会話をするときは、もっぱらこの「sup」です。また、男性的なイメージが強いかもしれませんが、実際には女性もを使います。紳士淑女は使わないかもしれませんが…

 

使い方②

もう1つの使い方は、「どうしたの?」と相手の様子や要件を伺う時に使います。僕の場合で言うと、よく仕事で使います(といっても同僚間です)

例えば、同僚のDavidに質問があり彼のOfficeを訪ねました。

僕「Hey David, Can I talk to you for a second?」(ちょっと話せる?)

David「Yes, sure. Come on in.」(うん、いいよ〜、入りなよ)

僕が部屋に入る…

David「So.. What’s up」(で、どうしたの?

のような感じです。

  • 聞きたいことがあるんだけど〜
  • 相談があってさ〜
  • 実はね、聞いて欲しいんだけど…

といった場合に返す単純な「どうしたの?」という場面ではどこでも使えます。但し、この場合の「What’s up」に「What’s up」を返さないで下さい笑。意味がわからなくなります。
※もちろんカジュアルな言い方なので、ビジネス交渉の場や、店員がお客さんに…は使わないです。(たまにクラブとか、若い人がやってる超カジュアルなお店では使いますが…)

 

【発音】

説明するまでもありませんが…

What’s up
「ワッツァッ(プ)?」

「プ」は聞こえないくらいで大丈夫です。

 

【最後に】

もしかしたら、みなさんのイメージの中で、HipHopなノリの黒人の人が「Yo Yo What’s up Yo?」みたいなイメージがあるかもしれませんが、そんな事はありません、もっと多くの人に使われています。男女で使えるとっても気軽な挨拶、相手の様子を尋ねられるフレーズです。
ぜひ使いこなしてください!

それでは!

【Advertisement】
Pocket