will do …とは?

09. 1月 2016 英語表現 0
will do …とは?
Pocket

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「will do …とは?」です。

仕事をしているとよくこの言葉が出てきます。簡単な単語の組み合わせなので、なんとなく想像はつくかもしれませんね!それでは見ていきましょう!

 

【Advertisement】

【解説】

will do!

意味としては

  • 了解!
  • OK!
  • じゃ、やっとくよ!

といったニュアンスです。

「I/We will do it」あたりの略でしょう。何かをお願いした時によく返ってきます。

例としては…

If you see my brother ,can you tell him to call me?

(もしウチの兄貴にあったらさ、電話くれって言っといてくれない?)

OK, will do!

(オッケー、了解!)

とか

I was wondering if you could do this by 10 a.m.?

(申し訳ないんスけど、10時までにこれやっといて貰えないッスかね…?)

No prob, will do.

(大丈夫だよ、やっとくよ。)※No prob=No problem

と、どんなシチュエーションでも使えます。

わりとカジュアルな表現なので、ビジネスのちゃんとした場面では「I/We will do it」と言ったほうが無難かもしれませんね。

仕事中の同僚との会話や友達・家族などの間では全然OKです!

 

【発音】

Will do!
「ウィル ドゥ!」

でも正確な音的には

「ウィゥ ドゥ!」

の音に近いです。Lの発音に関しては何度か以前の記事でも触れていますが、「る」とは発音しません。

「ウィ」と発音した後に、舌の先を上前歯の付け根に付けます。そうすると正しい音がでます。

lsound

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→発音はこちらのリンク先から、ご確認ください。
onsei

 

 

音だけ聞くと「うぃぉ」とか「うぃぅ」みたいな感じですね。

(人によっては上図のように舌を歯の付け根に付けないで、舌を突き出し舌を噛むようにLの発音をする人もいます。それで普通に早く話すので、舌の運動神経が良すぎですね…笑。まぁ、音的には綺麗なLの音が出るので試しにやってみてください。)

 

【最後に】

今回のフレーズは日常的に使えて、ネイティブもよく使ってくるフレーズです。普段の単調な返事「OK」に飽きてきた人も、今回のフレーズを使って返事にバリエーションを持たせてみてください。簡単なので是非覚えて使いこなしてください!

今回は2016年の第一弾でした。今年も使えるフレーズを沢山紹介していきたいと思います!今年もよろしくお願いします!

それでは!

【Advertisement】
Pocket