英語で「ちょうど◯◯するところだったよ」は何て言う?

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は、「ちょうど◯◯するところだったよ。」です。

普段の生活の中で「まさに今何かをしよう思っていた」という場面はよくあると思います。

メールをしようと思っていた相手からちょうど電話が来たり、仕事を始めようかと思っていたら誰かに声を掛けられたり。

今回はそんな日常フレーズを紹介します。それでは、早速見てきましょう!



ちょうど◯◯するところだったよ。

さっそく解説していきます!

be about to

この誰でも知っている2単語を付け加えるだけで、「今まさに…」という状態を表すことが出来ます。

ここでいう「be」は「be動詞」のことなので、主語によって変えてくださいね。(am, is, are, was were)

いくつか例を見てみましょう!

 

電話をかけようとしていた友人から電話が掛かってきて…

I was just about to call you !!
(今ちょうどお前に電話するところだったんだよ(電話しようと思ってたんだよ))
justを付けるとちょうど今、たった今を強調出来ます。

 

自分が言おうとしたことを誰かに言われて…

I was about to say that !!
(それ俺が言おうと思ってたんだよ!)

人から頼まれた作業の状況を聞かれ…

I was about to do that .
(ちょうどそれをやろうと思ってたんですよ。)

次のような、ちょっと違った使い方も出来ます。

man… I was about to die…
(いや、マジで死にそうだった。 )

 

文法に好きな方ならお気づきかと思いますが、「be about to 動詞」が今回のフレーズの形ですね。

なので、上記では過去形の形で紹介しましたが、現在形でもOKです。

 

会社から帰る間際に同僚から声を掛けられ…

Oh I’m sorry, I’m about to go home
(あ〜ごめん、もう帰宅するところなんだよ。)

 

電車に乗る寸前に、電話が来て…

I’m about to take a train.
(今、電話乗るところなんだよ!)

 

などなど、「まさに今◯◯しようとしている」状況ならなんでもOkですね。

 

発音

aboutの最後のTと、toの最初の T は同化されるのがポイントです。「アバウト トゥ」とならないように発音すると自然に聞こえると思います。

 

最後に

今回のフレーズも、覚えておくととても便利なフレーズですね。

特に最初の例のように「 just 」を付けると今まさに感が出せます!沢山口に出して練習して、口に覚えさせてしまいましょう!

それでは!