知っておいて損なし!アメリカ人がよく使う、Coolの意外な使い方。

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「Coolの意外な使い方」です。

皆さんは「Cool」と聞くとどんな印象でしょうか?

  • カッコいい(クール)
  • イケてる(これってもう死語ですかね?)
  • 冷たい
  • 冷静(寡黙でクールな人…とか)

あたりが思いつきそうですね。もちろん、それでOKです。これらの使い方はよくされます。

ですが、日常では、上記以外の意外な使い方がよくされています。

それでは、みていきましょう!



知っておいて損なし!アメリカ人がよく使う、Coolの意外な使い方。

僕の印象で、一番よく使われている用途は

  • 同意や承諾をする時に使う(OKだよ的な)
  • ↑とは逆に、同意や承諾を確認する時(OK? のような)
  • いいね!

この3つの意味でよく使われています。

 

  • That’s good → That’s cool.
  • It’s ok → It’s cool.

のようにGoodやOKに近い使い方をされている印象です。

 

打ち合わせの時間を決めていて…

How about tomorrow at 1 pm?
(明日の午後1時でどう?)

OK, (That’s) cool.
(オッケー、了解)

 

自宅パーティーを開く前に…

I’m gonna get some food and beer. So, Can you pick them up? Is that cool?
(俺食べ物とかビールとか買ってくるから、あいつら迎えに行ってくれない?それでいい?)

Yeah, cool.
(うん、OK〜。)

 

自分の地元について話していて

My home town has a lot of snow in the winter.
(僕の地元って冬めっちゃ雪降んですよ。)

Oh really? cool.
(そうなん?ええやん!)

 

とにかくアメリカ人はCoolをよく使います。

初めてそれを感じたのが、アメリカに来た当時に語学学校に通ってきた時でした。

その時の若い女の先生が沢山「Cool」を使っていたのを覚えています。

後ほど発音解説で書きますが、「クゥー」と聞こえます。

なので当時の僕は「Cool」と言っていた事さえ理解できず、「なんだよ、クークーうるせえな」と思ってました笑。

その後「Cool」と言っているのにようやく気が付き、僕や他の生徒が意見やアイディアを言う度に「Hmm, Cool, cool」って言っていたのですが、

使い方を知らない僕は「え?今の意見クールか?」って思っていました。

 

また、最短の場合Coolだけで会話されている時も…(OKも同じですね)

Cool ?(それでいい?)
Cool !  (いいよ)

 

ただし、いずれのパターンも結構カジュアルな「OK」なので、フォーマルな場面では控えた方が良いと思います!

 

発音

「ル」は聞こえません。音的に「クゥオ」みたいに聞こえる時もあるかもしれません。

「L」を発音した後に、舌先を上前歯と歯茎の付け根あたりに付ける感じです。こんな感じで↓

Lsound

 

最後に

とても便利に使えるCool。発音が日本語の「クール」とは違うので少し練習が必要ですね。

OKやGoodばかりでつまらない場合は、たまにはCoolを使ってみてください。

これを使うとネイティブっぽさが増す感じがするので、是非使いこなしてください!

それでは!