英語で「ある意味ね」は何て言う?

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は「ある意味ね」です。

相手が言ったことや、相手の答えに対して「うん、ある意味そうだね」のような返事をする時がありますよね。

完全には間違っている訳じゃないんだけど、少しはOKを含んでいるような。若干曖昧な感じ。

  • ある意味では
  • 見方によれば
  • ある点に関して言えば

というような表現がしたい時に使えるフレーズです。

それでは、見ていきましょう!



ある意味ね

早速解説してきます!

In a way

この一言を文末(文頭でもOK)に付け加えるだけで「ある意味では、ある意味でね」という表現ができます。

 

例えば…

He is right in a way.
(ある意味彼は正しいよね)
We agree with you in a way, but…
(ある点ではあなたに賛成できます。でも…)
Woman is stronger than man in a way.
(見方によれば、女性のほうが男性より強い)
In a way, This is a really nice place.
(ある意味、ここはホントに良い場所ですよね)  

などなど、なんでもOKです。

 

単純に「in a way」だけを言って返事をすることも出来ます。結構あいまいな返事です。

Do you think this is the best way we can do?
(これが自分たちが出来る一番良い方法だって思う?

Well..yeah, in a way.
(う〜ん、ある意味ではね/ある点ではね)

付ける場所は、文頭でも文末でもOKです。簡単ですね。

 

でもこう答えると大抵は…

What do you mean “in a way”?
(ある意味でってどういう意味?)

って返ってくるかもしれません。あまりあいまいに答えすぎるのも良くないですね。良い点・悪い点はハッキリ指摘しましょう。

 

発音

もちろん「イン ア ウェイ」と発音してもOKですが、早く発音すると「in」と「a」は繋がって「ina」みたいな感じになりますので、覚えておくと良いでしょう。

 

最後に

今回の一言で少し曖昧な感じを出すことも出来ますし、完全に賛成するワケじゃないけど少しは賛成する部分もある…なんて時にも使えます(もちろん逆の反対する場合でも)。是非覚えて使いこなして下さい!

それでは!