英語で「頭に入れておくね!」は何て言う?

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は「頭に入れておくね!」です。

ちょっとした予定や、注意事・お願い事を聞いた時に、日本語でもこのフレーズをよく使うと思います。

「覚えておく、念頭に入れておく、心にとめておく」といったニュアンスを伝えるのが、今回のフレーズです。

それでは見ていきましょう!



頭に入れておくね!

早速解説していきます。

 keep (that) in mind

このフレーズで、「頭に入れておく」というフレーズになります。

「in mind(心に、頭に)」「Keep(キープ)」しておく…といったニュアンスですね。

 

「OK, 覚えておくね!頭に入れておくね!」と言いたい場合は…

OK, I’ll keep that in mind.
※ I’II = I will

 

逆に、「頭に入れといてね!忘れないでね!」とお願いする場合は…

(Please) Keep that in mind!

 

と言えばOKです。

※「that」のかわりに「it」でもOKです。細かい使い分けは別途記事にしたいと思います。(長くなるので…)

 

発音

keep that in mind.
「キープ ダッ(ト)  イン マァィンド」

「mind」の最後のdは「ド」はほとんど聞こえないくらいでOKです。

 

最後に

何か気に留めておきたい事が会った時、今回のフレーズを使ってみてください。今回のフレーズを少しアレンジをして「I have to keep that in mind(頭に入れておかないと…、忘れないようにしないと…)」なんて風に自分に言い聞かせても良いかと思います。是非使いこなして下さい!

それでは!