「可愛い」だけじゃない?! 「pretty」の意外な使い方!

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「prettyの意外な使い方」です。

日本語でもプリティと使われているように、prettyには可愛いという意味があります。

他にも違った使い方もあるので、今回はそれを紹介したいと思います!それでは見ていきましょう!



「可愛い」だけじゃない?! 「pretty」の意外な使い方!

 

早速解説してきます!

Pretty

基本的な意味としては皆さんご存知のとおり「可愛い」とか「可愛らしい」でOKです。

 

今回紹介したいのは、もう少し違った使い方。

  • 美しい
  • 綺麗

という意味でのprettyです。「美しい」「綺麗」って言うとbeautifulが思いつくと思いますが、

prettyもよく使われます。(私生活のなかでは圧倒的にprettyの方がよく耳にする気がします。あくまで僕個人の感想ですが…)

 

さて、使う場面としては、「お〜綺麗!」という場面ならどこでも使えます。

高台から見える広大な自然美を見て

Wow pretty〜!!!

 

都会の綺麗な夜景を見て

pretty!

となんでもOKです。人に対してではなく、景色や風景に対して使います。

 

あと「pretty」は他に「かなり」という意味もあり、よく使われます。例をあげると、

人と出会って…

How are you doing?
(調子どう?)

Pretty good!
(かなりイイよ〜!)

 

新しく買ったお気に入りの靴を友達に見せて…

Loo at these !
(これ見てよ!)

Oh, pretty cool!
(お〜、超いいじゃん!)

 

可愛いでおなじみの「Cute」を合わせて

Pretty cute
(かなり可愛い)

とも言えます。可愛い可愛いではありませんよ!

 

上記のように強調として「かなり、すごく」としてもよく使われます。かなり悪いという意味で「pretty bad」とも使えます。

 

補足

先ほど少し触れましたが、人に対しては普通に「beautiful」を使います。

デートの時に着飾った彼女を見て…

You look beautiful!(綺麗だね)

 

また、男性同士で「あの娘可愛いね」「あの娘綺麗だね」って時はどう言うか…。そこも普通に

She is pretty
She is beautiful

でOKです。

もう少しリアルな若者の言い方をすれば「She is gorgeous」とか「She is hot」とか言いますが、少し性的な意味もあるので気をつけてください。

(さらにもっともっと超リアルな汚い言い方としては…「She is damn hot」とか言います。95%性的な意味で女性を見ての表現なので、使わないで下さい笑。)

 

逆に女性同士で、かっこいい男性の事を話している場合は

He is cute
He is handsome

です。「He is pretty」って言うと、女の子みたいな顔の男の子…的に感じると思います。(まぁ日本だとそれは良しとされてしまう事もありますが…)

ま、どちらにせよ「pretty・可愛い」は女の子のことを指す言葉です。

 

正確な意味を理解する

Pretty=可愛い、美しい、綺麗と言いましたが、辞書を引いて正確な意味・ニュアンスを理解しておきましょう。

目にとって「心地よい」「魅力的な」とありますね。
目の保養になる…なんて日本語で言いますがそれに近い感覚でしょう。
 

発音

Pretty!
「プリティ!」
または
「プリリィ!」

みたいな感じです。正確に発音すれば「プリティ」ですが、私生活の中でよく聞こえる音は「プリリィ」に近いです。

 

最後に

僕がこの「pretty = 美しい・綺麗」として意味で初めて聞いたのは、嫁と二人でシェナンドー国立公園という自然公園に行った時のこと。山の上から壮大な景色を見た嫁が「Wow pretty!!」と言っていました。あとはその時の写真をFacebookにアップしたのですが、アメリカ人の同僚が「pretty!!」とコメントをくれていました。

また、アメリカの家庭はクリスマス時期になると家や庭をイルミネーションで飾る家が多いのですが、それを見て「Oh that’s pretty!」とか言ったりします。

今日から、綺麗な景色や光景を見たとき「pretty!」と言って是非覚えてください!これを知らないと外国人が景色をみて「pretty」って言った時に「え?景色が可愛い?」ってなってしまいますよね。

それでは!