英語で「惜しかったね / もうちょっとだったね」は何て言う?

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は「惜しかったね / もうちょっとだったね」です。

家族や友人が何かにトライをしたけど、残念ながら達成できなかった!あとちょっとだったのにダメだった!

といった状況の時に使える表現です。他にもスポーツ観戦をしている時にも使えます。

注意)後半若干下ネタも出てくるのでお子様は前半だけ見て帰ってね(笑)!!

それでは、見ていきましょう!



惜しかったね / もうちょっとだった

よく使う簡単な表現をいくつか上げてみます。どれも「もうちょっとだったね、惜しかったね」という感じです。

That was/You were so close!
You were almost there!


スポーツ観戦や応援をしている時は単語だけでも言えます

So close!
Almost (there)!!


さらにフォローをするフレーズとして

You can/will make it next time! (次はできるよ!)
Nice try! Good Try! (ナイストライ!)

なども使えますね!


僕はNBAが好きなのでよく見に行きますが、惜しくもシュートが入らなかった時「Oh !!  That was close!!」とよく叫んでます!

また「That was close!」は「あぶなかった!」という状況の時にも使えます。

ボールが飛んできて危うく当たるところだった、交通事故を危機一髪で回避できた、などなど。

ここでの出てきている「close(形容詞)」は。「近い」が基本イメージです。どちらともよくも悪くも「近い」といった感覚ですね。

ちなみに

Nice tryですが、別の使い方もありあます。テンション低めな感じや、ちょっとナメた感じで「鼻で笑って… Nice try」というと、

  • そんな事しても、無駄だわ。バカめ。
  • そんな手は俺には通用しねーよ

みたいに、相手に見透かされてる状況の時に使われたりします。

例えば、マリオカートでここぞと甲羅を投げたけど、相手はそれをわかっていてすんなり回避されてしまった…。

そんなとき相手に「haha nice try」なんて風に言われたりします。

 

大人向け用語

まあ正直書こうか迷いましたが、せっかくなのでこういうものも発信していきましょう(笑)

先ほどでてきた「Almost  there」ですが、男女の営みの最中、絶頂に達しそうなときに…

(I’m) almost there!!!!

って言えます。ぜひ使ってみてください(笑)

え?ネイティブに聞いてみたら使わないって? …僕がPorno見すぎなだけかもしれません笑

最後に

最後は変な感じになっちゃいましたが、前半は簡単なフレーズばかりなのでぜひ使ってください!スポーツ観戦なんかでも結構つかえますね!

今回紹介したフレーズ以外でも、覚えたい・言いたいフレーズは、ちゃんと声に出して練習してくださいね!

それでは!



最新情報をチェックしよう!