英語で「どうよ?どう思う?」は何て言う?

日常のちょっとした英語フレーズを、難解な文法用語を使わずに紹介していきます!

今回は 「どうよ?どう思う?」です。

  • これどうよ?、どう思う?って感想を聞く時
  • 新しい提案をに対して、みんなに意見を求める時

のような場面で使える表現を紹介します。

筆者の妻(アメリカ人)の発音サンプルもあります。それでは、見ていきましょう!



どうよ?どう思う?

早速解説してきます!

What do you say (to…)?

直訳で考えると「あなたはなんて言う?」ですが、これで「どう?」「どう思う?」と表現出来ます。

何か物を見せて感想を聞く場合にも使えますし、話をしてその意見を求める場合にも使えます。

 

新しく買ったドレスを着てみせて…

Ta-dah!!! What do you say?
(ジャーン!どう思う?)

 

自分のアイディアを伝えた後に

So what do you say?
(で、どうよ?)

What do you think」と同じように使えますね。

 

応用

次は少し応用編です。

What do you say to …」とつけたパターン。

to 以降に具体的な物の名前や、事柄を付け加える事も出来ます。

What do you say to having dinner tonight?
(今夜、飯でもどう?・飯でも行きませんか?)

What do you say to going to the movie?

(映画行くなんてどうかな?)

What do you say to taking five?

(ちょっと(5分)休憩でもどうですか?) ※take five = take five min break = 5分間休憩。

What do you say to his idea?
(彼のアイディアどう思う?)

 

発音

これ1フレーズで1単語くらいの感じで発音しちゃって大丈夫です。

特に「What do you」は他でも色んな場面で使いますので、覚えておくと良いでしょう。

「ワドゥユ」とか「ワリユ」なイメージです。特にネイティブが言った場合「ワリユ」に聞こえるかと思います。

 

最後に

他人に意見や感想を聞く今回のフレーズ。僕の周りのアメリカ人は、結構このフレーズを使用している印象があります。

他にも「What do you think?」や、もっと単純に「Do you like it?」でも尋ねる事は出来ますので、自分が言いやすいもので、どんどん感想を聞いてみましょう!

それでは!